不倫、浮気、離婚、慰謝料などの相談に15年間で5万件以上とおそらく日本一の圧倒的実績を誇る行政書士が初回無料で回答します。オフィスライトは全国対応・365日・24時間以内の回答です。
不倫離婚で親権は夫へ
オフィスライト行政書士田中法務事務所の田中圭吾です。


最初に相談されたのは半年ほど前です。


30歳代後半の女性です。


相談者の不倫もありましたが、夫の言葉の暴力もありご主人と離婚することになりました。


ご主人がお子さんの親権をもつこととなりましたが、その場合の養育費でもめました。


この場合、ご主人がお子さんを監護、養育するので、相談者が毎月養育費を支払うことになります。


この養育費の金額が中々決着しませんでしたが、先日ようやく決まり「離婚協議書を」交わすことができました。


相談者からお礼のメールをいただきましたので紹介します。


「今回、田中さまには大変、大変お世話になりました。


なんとか年内に無事に解決し、すっきりと?新年を迎えることができました。


田中さまのおかげです。
 

ほんとうにほんとうにありがとうございました。」



「不倫慰謝料相談リーガルクリニック」
http://www.ncn-t.net/right/
「不倫相談.com」不倫問題カウンセラー主催
http://furin-soudan.com/
「不倫慰謝料ネット」不倫の慰謝料を自動計算!
http://right.boo.jp/
携帯用「不倫・浮気・慰謝料相談リーガルクリニック」
http://furin-sodan.net/

(注意)
ご相談内容がそのままブログに公開されたり、相談者が特定できるような内容は掲載いたしません。安心してご相談ください。


JUGEMテーマ:家庭
 
Posted by : オフィスライト行政書士田中法務事務所 田中圭吾 | 離婚・養育費・親権・面接交渉権 | 11:01 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
夫の性的強要と束縛により離婚したい
オフィスライト代表の田中圭吾です。


ご相談されたのは30歳代前半の既婚女性です。


お子さんが一人おられます。


半年前からパート先の同僚男性と不倫をしています。


ご主人は、結婚当初から束縛がひどく、日常の監視も厳しく性行為の強要も頻繁にあったようです。


そのような夫婦生活であったこともあり、不倫をしたとのことでした。


先日、相談者は不倫相手の男性と別れ、バイトも辞めたのですが、その当日に夫に浮気が発覚してしまったのです。


当然、ご主人は激怒しています。


相談者は離婚を希望しています。


しかし、ご主人は相談者は有責配偶者なので離婚は認めないし、仮に離婚しても親権は渡さないと言っているようです。


相談者はどうしたら離婚できるかと当事務所に相談されたのです。


特に親子関係に問題がなければ離婚において不倫をしたかどうかは関係ありません。


お子さんが小さい場合、母親が親権をとれることが多いです。


ただ、不倫が発覚してしまいましたので、確かに相談者は有責配偶者です。


ですが、夫婦生活においてあまりにひどい束縛や監視、性的強要があったならこのことも考慮されて離婚が可能な場合もあります。


まずは夫婦での協議になりますが、調停も検討される方がいいとアドバイスしました。


「不倫慰謝料相談リーガルクリニック」
http://www.ncn-t.net/right/
「不倫相談.com」不倫問題カウンセラー主催
http://furin-soudan.com/
「不倫慰謝料ネット」不倫の慰謝料を自動計算!
http://right.boo.jp/
携帯用「不倫・浮気・慰謝料相談リーガルクリニック」
http://furin-sodan.net/

(注意)
ご相談内容がそのままブログに公開されたり、相談者が特定できるような内容は掲載いたしません。安心してご相談ください。


JUGEMテーマ:恋愛/結婚
Posted by : オフィスライト行政書士田中法務事務所 田中圭吾 | 離婚・養育費・親権・面接交渉権 | 17:24 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
夫からの慰謝料請求と親権の要求
オフィスライト代表行政書士の田中です。


先日相談されたのは30歳代前半の女性です。


ご主人とお子さんがお二人おられますが、別の男性との不倫がご主人に発覚したとのことでした。


それで離婚協議になってしまったのですが、ご主人から慰謝料とお子さんの親権を渡すように言われているとのことでした。


相談者はどうしたらいいかと相談されたのです。


確かに相談者の不倫ですので、ご主人から請求されれば慰謝料の支払い義務があります。


ただ、お子さんの親権をどちらにするかについては、不倫とは直接関係がありません。


今回の相談者の場合、夫の家庭内暴力がありました。


更に下のお子さんがまだ3歳です。


お子さんが小さい場合、母親が親権をとれることが多いのです。


親権及び監護権を相談者がとったなら養育費をご主人に請求できます。


ですので簡単にご主人の要望に合意すべきでないとアドバイスをしました。



「不倫慰謝料相談リーガルクリニック」
http://www.ncn-t.net/right/
「不倫相談.com」不倫問題カウンセラー主催
http://furin-soudan.com/
「不倫慰謝料ネット」不倫の慰謝料を自動計算!
http://right.boo.jp/
携帯用「不倫・浮気・慰謝料相談リーガルクリニック」
http://furin-sodan.net/
(注意)
ご相談内容がそのままブログに公開されたり、相談者が特定できるような内容は掲載いたしません。安心してご相談ください。

JUGEMテーマ:家庭
 
Posted by : オフィスライト行政書士田中法務事務所 田中圭吾 | 離婚・養育費・親権・面接交渉権 | 10:36 | comments(1) | trackbacks(0)| - |
TOP